寄れるモノクロ

モノクロ撮るなら、当時もののレンズをというのが私のポリシー。
ということで、今回はNIKKOR-H.C5cmF2.0+M6をチョイス!
c0199857_23212791.jpg

このレンズ、普通に1.5feetまで寄れてしまうんです!
レンジファインダー機が、構造的関係から、そのままだと70cmより先のピンとは合わせられないので、もちろん目測となるけれど、これほど、ライカで寄ったことがありません(笑)

このレンズ、戦前設計で、戦後すぐの1950年に発売された、「ニコンの意地」の塊のようなレンズ。材料不足の時代に、約1000個作られました。というより作れなかったんでしょうね~。
c0199857_23215466.jpg

当時は鏡胴はニコン、中身はカールツァイスのゾナーだろうといわれるほどの描写力だったようです。60年以上経った今でも、綺麗で、撮影意欲をかきたてられるレンズです。
シルバーライカにも似合っています♪

by masha0323 | 2012-02-07 23:22 | Leica
<< 夜も頑張ろう!日本!! 色が溢れている時代に >>